イザラ書房の
 『新刊・増刷』情報
●ホームページ・トップへ ●編集室便り・トップへ 書籍一覧 哲学・思想・神秘学 芸術 クラフト シュタイナー教育+α 人智学農業・医療 人智学社会思想 絵本 ビデオ・カレンダー イザラの軌跡 ●書店・Web書店で購入 ●ショッピング・カートで購入 ●電子書籍:オンデマンド書籍 編集室便り 新刊・増刷・おすすめ 魂のこよみ 四季の祝祭 推薦イベント エッセイ・お知らせ from白樺図書 Gallery としくら えみ ダニエル モロー みやがわ よりこ 会社情報 イザラ書房紹介 メール

プロフィール

● ディアグノーゼ・メディア diagnose:media
ドイツでデジタルメディアの専門家や専門機関の協力の下、親や学校その他の組織とネットワークを築きつつ子どもの健全な発達を守り、テクノロジーやデジタルメディアとどのように責任を持って関わるかについて考え、そして行動していくために発足したプロジェクト。

● ミヒャエラ・グレックラー Michaela Glöckler
医学博士/小児科医。1946年ドイツのシュトゥットガルトに生まれる。独語独文学と歴史を学んだあと医学を学ぶ。1988~2016年まで、スイス、ドルナッハのゲーテアヌム精神科学自由大学・医学部門代表を務める。現在は著作および国際的に講演活動を行う。

● 村田光範 Murata Mitsunori
東京女子医科大学名誉教授/和洋女子大学保健センター長。長年子どもの正常な成長評価や成長障害の研究や臨床に携わり、日本人小児の骨年齢測定法を開発。PC、タブレット、スマホなどのニュー・メディアが子供に及ぼす影響についての著書多数。

● 内村真澄 Uchimura Masumi
広島大学卒。2010~2017年まで横浜シュタイナー学園英語教員。現在は大人のシュタイナー教育とも言われるバイオグラフィーワークに従事。訳書に『多文化の視点から学ぶ歴史と文化~シュタイナー教育カリキュラムのために~』(精巧堂出版)など。

● 小林啓子 Kobayashi Keiko
小児科専門医/親子相互交流療法認定セラピスト/日本アントロポゾフィー医学の医師会理事。教育と医学の協働に関心があり相模原市のシュタイナー学園校医も務める。一般診療クリニック勤務の他、アントロポゾフィー医学実践クリニックも開設。

● 石川公子 Ishikawa Kimiko
国際基督教大学卒。オイリュトミー療法士。横浜のアントロポゾフィー医療を実践するクリニックに勤務。またバイオグラフィーワーカーとして養成講座を開催。共訳書に『オイリュトミー療法講義』(R.シュタイナー 涼風書林)など。